マツダのエコカー

マツダは、今が乗り換えのチャンスです。マツダは最近人気が上昇中の車種がそろっていますね。マツダのCMを、みなさんも見たことがあるでしょう。

ZOOMZOOMという言葉が印象的ですよね。ZOOMZOOMとは日本語では「ぶーぶー」と同じ、自動車を表す英語の幼児語なのだそうです。

子供は自動車が好きですよね。「ぶーぶー!」といってキラキラした眼で自動車を指さす子供たちと同じようなワクワク感をいつまでも持ち続けたい、そんなクルマ作りをマツダは続けています。

そんなマツダのラインナップで最も人気が高いのは、なんといってもデミオでしょう。デミオは10年以上前から愛され続けるコンパクトカーですが、

モデルチェンジを繰り返してそのたびに魅力的に生まれ変わってきました。今はなだらかな流線形が美しい、スポーティなイメージですね。

またミニバンのMPVやビアンテも好評です。アテンザやプレマシーもファンが多いですね。人気のマツダですが、今は乗り換えの最大のチャンスなのです。

そのカギを握っているのが、エコカー減税です。エコカー減税という言葉を、ニュースや新聞でご存知の方も多いのではないでしょうか。

乗り換えの際に規定以上のエコカーをセレクトすると、自動車重量税や取得税がグッと減税されるのです。

例えばデミオやMPV・ビアンテは、なんと75パーセントも減税されるのです。アテンザやプレマシーは50パーセントの減税が受けられます。

さらにエコカーへの乗り換えをすると、10万円の補助金も受けられます。もし9月末までに新車登録から13年以上経過した愛車を廃車にして、

新たにエコカーに乗り換えるなら最大で25万円も補助金がゲットできるのです。今が買い時のマツダで、売れ筋の人気車種に乗り換えましょう。

おすすめ!

巷では,CX-3 ガソリンモデルは新燃費基準のWLTCモードの認可1号で話題になっている中,同時に発表されているJC08モードに注目すると,エコカー減税の対象になっていないのでは?という点に気づいた. まず,CX-3ガソリンモデル(FWD ...
Mazda CX-3 20S(SKYACTIV-G 2.0)のエコカー減税 – CX-3 Blog


COPYRIGHT(C) エコカーの情報 [国産・会社のエコカー]ALL RIGHTS.